サポート体制

九州アジアン産業支援協働組合なら、ベトナム語が話せるスタッフがスピーディーなサポートをいたします。

  1. 安心と信頼のサポート体制
    九州アジアン産業支援協同組合では、外国人技能実習生受入事業において、国際的な貢献をすべく、技能実習生を受け入れております。
    入国後、1ヶ月間日本語や日本の生活習慣、専門用語を学び、交通ルールや防災訓練、日本の法令を学ぶ講習施設を完備。実習生達が快適に共同生活を送れるよう、インターネット等、設備を整えております。実習生達の指導に当たるスタッフとは、迅速に対応できる体制があり受入企業様、実習生様も安心です。
  2. 経験豊富なスタッフ
    当組合のスタッフは、外国人技能実習生受入事業の業務経験豊富な日本人スタッフと、日本在住歴2 0年の現日本戸籍元ベトナム人スタッフがサポート体制を取っております。
    当組合の実習生のケアに当たるスタッフは、20年前に当時の研修生制度で来日した経験があり、実習生の頼もしい相談相手です。実習生としっかりとした信頼関係を構築し、様々な相談事にも応対。メンタル面でのケアも万全にいたします。
  3. 毎月の企業訪問と巡回指導
    当組合では、役職員やスタッフによる毎月の巡回指導及び3ヶ月毎に定期監査を実施しております。
    技能実習生の指導担当者様からのヒアリング、技能実習生からのヒアリングを行い、問題点・生活環境・職場環境・技能習得状況の確認をし、問題発生の予防と問題の早期解決を図り、技能実習計画通りの技能習得に向けてのアドバイスも行っております。
  4. 信頼できる送出し機関との連携
    組合では、外国人技能実習生の送り出しに関して、アジア各国の政府認定の送り出し機関と協定を結んでおります。
    人選から帰国まで徹底して企業様と技能実習生のサポートをさせていただきますので、安心して外国人技能実習生受入制度をご利用いただけます。
  5. 技能実習生の日本語力向上をサポート
    組合では、技能実習生の日本語力向上と日本語習得に向けた意欲向上のため、日本語能力検定受検の推奨と日本語学習指導を行っております。
    3年間という実習期間において、仕事への意欲を継続させる上でも日本語能力試験を受検し、よりレベルの高い日本語を習得することが効果的であると当組合は考えております。
お問い合わせ